依頼するメリット

車1

交通事故の交渉を弁護士に依頼した場合、どのようなメリットがあるでしょうか。一つは、面倒な手続きを本人に変わって代行してくれる点が挙げられます。事故後に行う相手方の保険会社との示談交渉を自分で行うとなると、交渉についての専門的な知識がないため、そうした話にも悩むことが多く対応が後手に回ってしまいます。

弁護士に任せてしまえば、気持ちに余裕ができますし、怪我などの傷害があれば、無駄な時間を過ごさず治療に専念することができます。もう一つは、受け取れる損害賠償金の増額が見込めることが利点です。交通事故の損害賠償請求を行う際に、慰謝料には三つの基準から支払われます。

一つは自賠責基準です。自賠責基準とは、自動車を運転する人が必ず入る強制加入の保険で、限度額の範囲内で支払われる、最低限補償の慰謝料基準を言います。二つ目は任意保険基準です。任意保険基準とは、自賠責保険とは別で入る任意の保険で、自賠責保険でまかなえない損害部分を補填する保険です。

自賠責基準より高い基準ですが、それぞれの保険会社によって基準が違います。三つ目は弁護士基準です。裁判所の判例を参考にして算定された正当な慰謝料の基準で、自賠責基準や任意保険基準よりも最も高額の基準です。

自分で示談交渉をすると、保険会社からは最低保障の自賠責基準しか支払われませんが、弁護士に依頼すると、この弁護士基準によって賠償額が増額されるという点が最大のメリットです。弁護士に依頼するなら、交通事故の示談交渉の経験や実績が豊富な弁護士を選ぶことをおすすめします。

併せて、弁護士に相談する際、着手金が必要ないかどうか、無料の電話相談を行っているかなど確認しておきましょう。

相談するタイミングは

参考資料(交通事故慰謝料相談)